ヒンドゥー教の伝統と気候正義:私たちのダルマに従う

気候正義とは何か?

気候正義とは、地球への配慮、貧しい人々への配慮、そして社会正義が出会う場所である.それは、いくつかのことを表している.

  • 気候変動は、貧しい人々や植民地化された人々にどのような不公平な被害を与えるのか.
  • 最も責任のない人々が、気候変動によって最大の被害を被るのだ.
  • 気候変動という緊急事態が、通常北半球に端を発する権力の乱用とどのように結びついているのか.

法律や政策、金融、そして産業にempfehlungける変化のみが、気候正義を生み出すことができる.こうした変化は、社会運動によってもたらされると深さで解決することができる.

ヒンドゥー教の伝統は何を教えているのか?

自然界はすべて神聖である.ヒンドゥー教の伝統やコミュニティでは, 山, 川, 木々, 動物, そして私たちの仲間である人間など、創造のあらゆる側面とすべての生きとし生けるものは本質的に神聖であると言われています。私たちの祭りは, ディーパヴァリでランプを灯すにせよ, ガネーシュ・チャトゥルティでムルティを水に浸すにせよ、五大要素(パンチャブータ)を祝う.バガヴァッド・ギーターは、私たちに「すべての存在の繁栄を喜べ」 (sarva bhuta hite ratah)と呼びかけているヴィ・マ (母なる大地)と見なし、最大限の敬意をもって接するよう教えられている).

正義のために闘うことが私たちのダルマなのだ.ヒンドゥー教の伝統は, 私たちに自然を敬えということをはるかに超えていることに意することが重要である.トゥルシダスの『ラムチャリトマナス』の中で、ブーデヴィはこう宣言している. ”山や川や海の重さは、他者を抑圧する一人の人間ほど、私には重荷にはならない”。ヒンドゥー教の伝統は、世の中に不正義(Adharma)を見たとき、私たちは行動を起こさなければならないと教えている.多くのヒンドゥー教の物語や祭りは、不正に対する正義の勝利を祝うものです.

ヒンズー教の伝統に由来するこの2つの教えは, 共に, ヒンズー教徒が気候正義のために活動するための道徳的・神学的基盤を示している.地球を守るために闘うことで, 私たちはブーデヴィ/プリトヴまた、搾取に反対し、破壊的な化石燃料産業に反対する声を上げることで、私たちは未来の世代に対するダルマを果たしているのです.

行動への呼びかけ
私たちの信仰は、他者を尊重することを求めている.しかし同時に、ダルマ(正しい行い)に従うことも要求されます.ヒンズー教の生活の核心は, 家族に対して, 地域社会に対して、地球に対して、自分自身に対して、そして神に対しての義務感です.ダルマは心地よい沈黙を宣言しているように、「権力者と取引があるときは/彼らとしっかりと話さなければならない」(tukā mhaṇe manā samarthāsī gāṭhī / ghālāvī he māṇḍ t hopaṭuni).

ヒンズー教徒として、私たちは地球そのものを神聖なものとして認識している.私たちの多くは、母なる大地(Prithvi MaまたはBhudevi)に祈りを捧げることから一日を始めます.私たちは、すべての創造物はつながって Aliexpressり、尊敬に値することを知っている.

気候正義のための闘いを真剣に受けだからこそ、ヒンズー教徒である私たちは、石油、石炭、ガスの新規プロジェクトの即時中止、既存の化石燃料プロジェクトの段階的廃止、そしてクリーンエネルギーの未来への迅速かつ公正な移行への深い投資を要求しなければならないのです.これらは、気候変動の科学と私たちの信仰の教えに従って、真に必要な措置である.つなぎ燃料も、掘削の一時的な拡大も、遅延もない。化石燃料の終焉は、今すぐ始めなければならない.

隣人に対する責任、子や孫に対する責任、そして母なる地球そのものに対する責任である.

ヒンドゥー教の伝統の中で, 私たちは自然界を神聖なものとしてとらえ, すべての生き物の幸福のために働くよう求められている.

 

गिरी सरि सिंधु भार नहि मोही
जस मोहि गरुव एक परद्रोही
ギリ・サリ・シンドゥ・バーラ・ナヒ・モヒー
ジャサ・モヒ・ガルヴァ・エカ・パラドロヒー

„私には重荷ではない“
– Deutsch
(Eigentlich)

 

माता भूमिः पुत्रोऽहं पृथिव्याः
mātā bhūmiḥ putro'haṃ pṛthivyāḥ

地球は私の母であり、私はその子なのだ!“
– アタルヴァ・ヴェーダ12.1.12 (出典)

વૈષ્ણવ જન તો તેને કહિયે જે પીડ પરાઈ જાણે રે
vaiṣṇava jana to tene kahiye je pīḍ parāyī jāṇe re

その人をヴァイシュナヴァと呼び、他人の痛みを理解する.
– Mehr (15 Tage)

Unsere Aufgabe

Weitere Informationen finden Sie unter http://www.greenfaith.com変動・環境保護運動を構築しています.

私たちのメンバーは, 地球を保護し, 思いやりと愛に満ちた公正な世界を創造するために、自分自身や精神的な組織、そして社会を変革するコミュニティを共に創り上げている.